「製造工程」

1. 汲み出し

温泉神社の参道わきの源泉から、タンクに汲んで運びます。

2. 煮詰め

薪窯で煮込み、体積が10分の1になるまで火の番を続ける。ここで塩分濃度は12~13%まで高まります。

3. 塩取り

高濃度の温泉水をさらに煮詰め、やがて結晶となり沈殿する生塩を丁寧に網ですくいあげる。100リットルの温泉水から約1kgの山塩ができます。

4. 乾燥

脱水機にかけ、さらに残された余分な水分を自然乾燥します。

5. 品質検査

不純物は目視でとり除きます。

6. 商品化

用途に合わせて瓶や袋に詰めます。